教材の素 ドラマ編

教材の素として使えそうなドラマを紹介します。

私が見た日本のドラマを書いていますので、見つけ次第追加していきます。

ドラマ以外は、『教材の素』に書いています。

*視聴方法*

TVはもちろん、TVerやprimeビデオで見ることが出来ます(一部除く)。

特にTVerは無料で見ることが出来るので、使いやすいです。


その1 - 刑事ドラマ

【メリット】

・1話完結が多い

・話しが分かりやすい(基本型:誰かが死んで、犯人を探す)

・1つのドラマの中で、様々な役職の人が出てくるため、敬語の切り替えを頻繁に見ることが出来る。

(新人、中堅、ベテラン、トップ、他人(被害者・加害者)など)

・不必要なエロや恋愛がない


【デメリット】

・出てくる言葉が難しい

・少し早口

・残酷なシーンもある


【おすすめドラマ】

『特捜9』(実際に見ている学習者さんからおすすめされました!)

 ○話しが分かりやすく、皆さん自然な話し方なので、聞きやすい。


【あまりおすすめしないドラマ】

『相棒』

 ●右京さんの敬語は役割語という指摘あり。確かに少ししつこい。

『科捜研の女』

 ●全体的にキャラが濃く、自然な話し方ではないかも。内容は分かりやすいが、専門用語も多い。



その2 - グルメ系ドラマ

【メリット】

・1話完結が多い

・話しが分かりやすい(基本型:問題が発生し、食べ物でストレス発散)

・登場人物が少ない

・お店の人はとても自然

・日本の食文化も学べる

・専門用語など難しい言葉が少ない


【デメリット】

・見ていてお腹がすく

・夜中に放送していることが多く、見づらい


【おすすめドラマ】

『孤独のグルメ』

 ○王道。親しみやすい。

  主人公は個人事業主なので、会社勤めとは違った生活を見ることが出来る。


『ゲキカラドウ』

 ○激辛に特化したグルメ系ドラマ。

  サラリーマンと会社が舞台なので、オフィスワーカーの一面を見ることが出来る。

  ジャニーズが出演しているため、好きな人には良い。




注意事項

YouTubeなどには、非公式の動画がアップされている場合がありますので、ご注意ください。









最新記事

すべて表示